×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒアルロン酸1

ヒアルロン酸は1934年にアメリカで発見された物質です。ヒアルロナンというのが正式に国際命名法でつけられた名前ですが、化粧品や健康食品などの分野においては、ヒアルロン酸という名前で呼ばれています。ヒアルロン酸の機能としては、肌の潤いを保ったり関節炎の痛みを和らげることがよく知られていることですが、ほかにも軟骨の働きを維持する働きがあり、関節炎や目の病気の治療にも使われています。

ヒアルロン酸2

体内でヒアルロン酸が存在している部分は、関節液、皮膚、腎臓、脳、そして眼の中にある硝子体などの体の中の水分が多い組織で、保湿力に優れており、強い粘性も持っています。抽出した純粋な状態は白色の粉末ですが、水に溶かすとねばねばした物質になります。しかし、ねばねばした状態は、手などについたときにはさらっとした状態にか変わるという特徴があります。ヒアルロン酸のドリンクの多くはとろりとしているようで、それはねばねば成分があるからでしょう。ヒアルロン酸は、天然型の高分子ヒアルロン酸と、もうひとつ人工的に精製される低分子ヒアルロン酸とに分かれます。

ヒアルロン酸3

天然のヒアルロン酸はたとえばにわとりのとさかなどから抽出されており、人工のヒアルロン酸は乳酸菌や連鎖球菌から作られ、ヒアルロン酸ドリンクなどになります。まだまだ耳にするようになって新しい成分ですが、身体の保湿性を維持するという点ではヒアルロン酸は大変大切なもので、歳をとるとともにこの成分が減っていくと、いわゆる老化現象といわれる症状を引き起こす原因になるのです。科学的証明がはっきりとできているわけではありませんが、ヒアルロン酸を取り込むことで老化にブレーキをかけることができるのなら、ヒアルロン酸のドリンクなども大いに飲まれるようになることでしょう。

Copyright © 2007 ヒアルロン酸でピチピチお肌